行政書士 瀬尾事務所
OFFICE  SEO プロフェッショナルな業務はお任せください!
会社設立 TOP
株式会社の設立
諸費用(株式会社)
NPO法人の設立
諸費用(NPO法人)
.会社法のポイント
会計記帳のページ
 
















google
行政書士 瀬尾事務所 トップ > 会社・法人設立 > NPO法人の設立

会社・法人設立

NPO法人の設立


会社設立は、事業や経営形態などによって、様々なケースを考えて設立されます。当事務所は一般的なことはもちろん、法務相談・会計業務を扱っていますので、他の事務所よりも、代表者様の立場になってお役に立てれば・・と願っております。まずはご連絡お待ち申し上げております。

NPO法人設立

スピーディに会社設立
 まず、NPO法人として認証されるにはNPO法に規定された17分野の活動を行う計画が必要です。活動が必ずボランティアをしなければならないという訳ではありません。社会貢献できる活動で、非営利であると表現できるものであれば、有償・無償問わずほとんどの活動があてはまるかと思います。
 ◇20分野の活動は次のとおりです。◇

  1  保健・医療又は福祉の増進を図る活動
  2  社会教育の推進を図る活動
  3  まちづくりの推進を図る活動
  4 観光の振興を図る活動
  5 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
  6  学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
  7  環境の保全を図る活動
  8  災害救援活動
  9  地域安全活動
  10  人権の擁護又は平和の推進を図る活動
  11  国際協力の活動
  12 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
  13 子どもの健全育成を図る活動
  14 情報化社会の発展を図る活動
  15 科学技術の振興を図る活動
  16 経済活動の活性化を図る活動
  17 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
  18 消費者の保護を図る活動
  19 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
  20 前各号に掲げる活動に準ずる活動として都道府県又は指定都市の条例で定める活動


役員10人、資本金0円で設立
 発起人メンバー社員10人が必要で、その中から3人以上の理事と1人以上の監事を選任します。資本金は0円で設立できます。

役員1人、資本金1円で設立できます
 NPO法人は株式会社などの営利団体とは一線を画し、非営利という看板を背負った会社です。ですが、営利事業をしてはならないという訳ではなく、NPO法人の運営上の部分で営利事業を行うことは貴重な財源確保という実態もあり認められています。例えば何か商品を売ろうと思ったときに、株式会社では入り込みにくかった取引先に、NPO法人であるから入り込めたという事例は少なくありません。
 税制についても今まで法人税が課税されていた事業が、NPO法人として行った事業だと課税されなくなるということもありえます。
それくらいNPO法人というのは優位性があります。NPO法人をビジネスツールとして起業されている会社も少なくありませんので、上手くご検討されるのも一つの方法でしょう。



      NPO法人設立前に決めておく事項について

  1,商号(会社名)
  2,本店(会社の住所)
  3,17分野の活動内容
  4,社員10人
  5,役員
  6,資本の額
  7,事業年度(決算期を何月にするか)

      NPO法人設立手続き注意事項

   1,理事長印は会社名が最終確定した時点で作成して下さい。



NEXT 設立諸費用

 
諸費用は? 相談または依頼


                                      ページ先頭へ


Copyright(C)2006 Office Seo. All Rights Reserved.