行政書士 瀬尾事務所
OFFICE  SEO 会社法務・会計などのプロフェッショナルな業務を承っております。
会計記帳のページ
会 社 設 立
会計に関連する
タックスアンサーQ&A


法人税

消費税

所得税

源泉所得税

印紙税
 
















Yahoo! JAPAN
google
行政書士 瀬尾事務所 トップ > 会計に関連するタックスアンサーQ&A > 消費税

会計に関連する
タックスアンサーQ&A

消費税


当事務所は法務会計を実践しており、会計を「経営的立場」+「会計的立場」+「法律的立場」から経理を行うという最高峰の会計を目指しております。戦略的積極的経営を行い、リスク対策、節税対策を怠らず、企業や経営者個人が成功、発展していくお手伝いを致します。
 
また、「いつでも安心して、ご依頼いただける仕事の環境づくりをしております」ので、状況に応じまして、各士業者などと連携して総合的に効率よく、仕事を行っております。まずはご連絡お待ち申し上げております。

会計に関連するリンク集

消費税 タックスアンサーQ&A

分  類 内 容 説 明
仕入税額控除 仕入税額の控除の対象となるもの
免税事業者や消費者から仕入れたとき
出張旅費、宿泊費、日当、通勤手当などの取扱い
寄附金や交際費の取扱い
会費や入会金の仕入税額控除
従業員の食事代の負担など
使用人の出向・人材派遣など
共同行事負担金
建設仮勘定の仕入税額控除の時期
未成工事支出金の仕入税額控除の時期
免税事業者が課税事業者となったとき
仕入税額控除をするための帳簿及び請求書等の保存
仕入税額控除のために保存する帳簿の記載内容
中小事業者に対する特例など 納税義務の免除
基準期間がない法人の納税義務の特例
簡易課税制度
簡易課税制度の事業区分
簡易課税制度の適用と経理処理
卸売業とされる事業
新規開業又は法人の新規設立のとき
輸出と輸入 輸出取引の免税
輸入取引
基本的なしくみ 消費税のしくみ
課税の対象
事業者とは
対価を得て行うとは
課税の対象となる取引
納税義務者
国内取引の納税義務者
共同企業体の納税義務
輸入する貨物の納税義務者
課税期間
納税義務の成立の時期
資産の譲渡の具体例
資産の貸付けの具体例
役務の提供の具体例
課税の対象とならないもの(不課税)の具体例
延払基準、工事進行基準を用いているとき
前受金や前払金などがあるとき
課税取引・非課税取引 非課税となる取引
非課税と免税の違い
非課税と不課税の違い
駐車場の使用料など
預金や貸付金の利子など
地代、家賃や権利金、敷金など
商品券やプリペイドカードなど
学校の授業料や入学検定料
売掛債権とは別に請求する利子
有価証券の先物取引
ゴルフ会員権
キャンセル料
損害賠償金
建物賃貸借契約の違約金など
ファイナンスリ−ス取引の解約損害金
課税標準と税率 課税標準
消費税及び地方消費税の税率
商品の安売りや下取りがあるとき
たばこ税、酒税などの個別消費税の取扱い
個人事業者の自家消費の取扱い
法人の役員に対する贈与・低額譲渡の取扱い
税額計算のあらまし 納付税額の計算のしかた
課税売上げと課税仕入れ
値引き、返品、割戻しなどを行った場合の税額の調整(売上げに係る対価の返還等)
値引き、返品、割戻しなどを行った場合の税額の調整(仕入れに係る対価の返還等)
貸倒れがあったとき
端数計算
税抜経理方式又は税込経理方式による経理処理
課税標準額に対する消費税額の計算の特例
消費税額等の積上げによって仕入れに対する消費税額を計算するとき
課税売上割合の計算 仕入控除税額の計算方法
課税売上割合の計算方法
課税売上割合が著しく変動したときの調整
その他 納付税額又は還付税額の経理処理
税抜経理と税込経理の選択適用(法人の場合)
税抜経理と税込経理の選択適用(個人の場合)
税抜経理と税込経理の併用と経理処理
交際費等の損金不算入額を算出する場合における消費税の取扱い
控除できなかった消費税額等(控除対象外消費税額等)の処理
消費税等と印紙税
消費税等と源泉所得税
消費税等と譲渡所得


                                      ページ先頭へ


Copyright(C)2006 Office Seo. All Rights Reserved.