行政書士 瀬尾事務所
OFFICE  SEO 会社法務・会計などプロフェッショナルな業務を承っております。
運送事業許可 TOP
一般貨物運送事業許可申請(トラック・バン)
許可基準の概要
許可申請書および添付する書類
事業資金
法令試験の実施内容
許可後の手続き・変更
諸費用(一般・特定貨物)
 
行政書士 瀬尾事務所 トップ > 運送業許可 > 一般貨物運送事業 > 事業資金

一般貨物運送業許可申請

事業資金

当事務所の許可報酬は格安料金→料金表はこちら

このページは、一般貨物(トラックやバン)で運送業を始めたい方のページです。
許可申請は難易度がとても高く、幅広く様々な専門知識を要求されますので、一般的に許可の専門家(当事務所など)に任せることが普通です。
当事務所は運行管理者(貨物・旅客全種目)整備管理者の資格を持った行政書士が対応しており、会計業務も扱っていますので総合業務に強い事務所として、許可取得や事業運営を力強くサポート致します。

 
また、「いつでも安心して、ご依頼いただける仕事の環境づくりをしております」ので、状況に応じまして、司法書士、社会保険労務士、その他士業者など、独自のネットワークを介して、総合的に効率よく、仕事を行います。

一般貨物運送事業許可

           許可申請での「事業資金」について

         
         上の書類が事業開始に要する資金を記載する書類です。

 作成には、商法・税法・企業会計原則・労働基準法・社会保険・労働保険・その他もろもろの関連法規や関連知識を駆使して、許可のおりる資金計画が必要になります。

 その点をふまえて、できるだけ少額の資金で計画を作成し、許可を取得し事業開始できればよろしいかと思います。

   関東運輸局で公表している作成基準、基本事項については下記の通りです。

          <事業開始に要する資金及び調達方法>

1.所要資金の見積りが適切なものであることが必要です。

(1)人件費の算出にあたって、運転手、運行管理者及び整備管理者は計画車両に見合った数で算出して下さい。

(2)法定福利費は適正な事業主負担率により、確実に見込額を計上して下さい。

(3)車両費については、車両購入の場合と自動車リースの場合の、2種類のケースがありますから、それぞれ項目を分けて計上して下さい。
購入の場合は取得価格(割賦未払金を含みます)。ただし、既に所有している車両については、取得価格から除くことができます。
リース契約の場合はリース料の1ヶ年分を計上して下さい。リース車両で、リース料に保険料・賦課税等が含まれている場合には、別途計上する必要はありません。
消費税は、購入・リースに係わらず自動車の保有に必要な額の合計を計上して下さい。

(4)営業所・車庫及び休憩・睡眠施設等の事業用施設に係る土地、建物の取得費又は賃借料については、取得の場合は取得価格、賃借の場合は1カ年分の賃借料及び敷金等を計上して下さい。

(5)施設賦課税については別掲の内訳の重量税、自動車税、取得税の合計金額を、保険料については別掲の内訳の自賠責保険及び任意保険の合計金額を計上して下さい。(取得税は購入車両にかかるものです)
なお、加入すべき任意保険の対人賠償額は、被害者1名につき5,000万円以上に加入することが必要です。
また、危険物の輸送に使用する事業用自動車については、当該輸送に対応する保険の1ヶ年分の保険料を任意保険料に加算して計上して下さい。
自動車重量税、自動車税、自賠責保険及び任意保険は、全車両の1カ年分を計上して下さい。

(6)自己資金比率((B)÷(A)×100)は、50%以上必要です。

2.資金の調達方法欄は次により記入して下さい。

   法人の場合

(1)既存法人の場合は、「既存法人」の欄に最近の事業年度の貸借対照表に基づき、記入して下さい。

(2)既存法人で増資により資金調達する場合については、株主総会等で増資する旨の決議をした議事録と、その出資に係る引受書等を提出して下さい。

(3)設立法人の場合は、「設立法人」の欄に資本金額を記入するとともに、その出資者名と出資金額を記入して下さい。

   個人の場合

個人申請の場合は、「個人」の表に資産目録の預貯金等に係るものを記入して下さい。


諸費用は? 行政書士報酬は? 相談または依頼


                                      ページ先頭へ

許可申請書および添付する書類 法令試験の実施内容


Copyright(C)2006 Office Seo. All Rights Reserved.